トスモス(TOSMOS)は、現代社会のさまざまな社会問題について、会員間の議論を通じて問題の本質を究明し、解決の道筋を提案・追求していく、東京大学の学術文化系サークルです。研究の対象は、経済、社会、国際関係、メディアなどをはじめとして、文学、芸術にいたるまで、さまざまな分野に及びます。トスモスでは、それらの諸問題に関して、文献を読み、調べ、考え、議論をしています。


2018年前期は「日本の近代化」「フェミニズム」という2つのテーマに沿って活動を行いました。同年の駒場祭は「日本社会とジェンダー」をテーマにしたパネルディスカッションを実施しました。詳細はこちらにてご覧になれます。

 ブログに学習会の日程などの最新情報を掲載していますので、こちらも合わせてご覧ください。
 なお、トスモスでは活動で用いた資料を公開しています。是非ご覧ください。


ニュース